三河/知多の探偵社(興信所)トップ > 人探し・家出人・行方調査

人探し・家出人・行方調査

愛知県内での人探し・家出人・行方調査は、西三河(岡崎)東三河(豊橋)知多(半田)の探偵事務所を置くガルエージェンシー探偵社(興信所)へご相談ください。
"あの人を探したい!"そのような時はプロの力を信じて下さい。

家出の理由がわからない」「最近、ふさぎ込んでいた」「死にたいと漏らしていたそんな状況の失踪・家出は要注意です。
警察庁の白書・統計によると自殺を目的とした家出人のうち、死亡確認された行方不明者は当日の24 時間およびその後の7日間(計 8日間)に約7割が死亡しており、原因の多くが自殺と仮定すると家出から8日間の間に捜し出す必要があります。

失踪・家出人について

平成27年中に警察が届出を受理した行方不明者は82,035人(警察庁統計 前年比+1.0%)
近年は8万人台前半で推移しているといわれています。これは警察が受理した件数であり、行方不明者届を提出していない、もしくは受理されていない件数を含めると10万件を超えるとも言われています。

年齢別では10歳代が17,071人(構成比20.8%)と最も多いが、平成25年から減少傾向。反面、70歳代は8,558人(構成比10.4%)、80歳以上は8,123人(構成比9.9%)と、70歳以上の構成比(20.3%)は、平成25年以降、年々増加している。

失踪・家出人 年齢
性別では男性が53,319人(構成比65.0%)、女性が28,716人(構成比35.0%)と、男性の割合が高く、男性、女性ともに過去5年間、横ばいとなっている。
原因と動機では、疾病関係が18,395人(構成比22.4%)と最も多く、このうち認知症又はその疑いによるものは12,208人(構成比14.9%)と年々増加傾向。疾病関係に次いで家庭関係の16,115人(構成比19.6%)、事業・職業関係の9,382人(構成比11.4%)の順で多く、家庭関係は微減傾向で、事業・職業関係は横ばいである。

失踪・家出人 性別 動機

警察における2種類の行方不明者(家出人)

一般家出人

本人に家出の意思があり、家出をした場合をさします。
事件性がない為、積極的な捜索活動は行われないと考えて良でしょう。

特異家出人(別失踪者)

本人に家出の意思がなく、外的要因よって失踪した場合や、生命危機がある場合をさします。
殺人・誘拐などの事件に巻 殺人・誘拐などの事件に巻き込まれたり、日頃の言動や遺書から自殺の可能性がある人物または、一人では遠方に行けない幼児や痴呆症の老人も該当します。

「行方不明者届」に有効期間があるため、有効期限が切れた場合「行方不明者届」の更新をする必要があります。
また、行方不明者(家出人)を公開するか否の2種類があります。
基本的には、一般家出人が非公開、特異家出人が公開扱いになります。

届出先
  • 住所地や行方不明となった場所等の管轄警察署など
必要書類
  • 行方不明者(家出人)の写真・手掛かりとなる資料
    (氏名、生年月日、行方不明日時や住所・職業・体格・着衣等)
  • 提出者の身分証明書と印鑑
届出人
  • 行方不明者( 家出人 )の保護者、配偶者その他の親族
  • 行方不明者(家出人) を現に監護している者

失踪・家出と自殺の関係

平成25年警察白書 統計資料2-18 行方不明者届の受理件数の推移(平成20~24年)

行方不明者届の受理件数の推移

注:特異行方不明者とは、犯罪に巻き込まれたり自殺したりするおそれ等がある行方不明者をいう。特異行方不明者(家出人)は年々増加しています。

自殺の状況について (警察庁 白書・統計より)

警察庁の自殺統計によると、平成15年のピーク時34,427人だった自殺者は震災以降は年々減少し現在は25,000人程まで減少している。
平成 19 年以降の原因・動機別の自殺の状況を見ると、「健康問題」が最も多く、次に「経済・生活問題」が多い。推移としては「家庭問題」が増加する傾向にあり、「経済・生活問題」が減少している。
若い世代の自殺は深刻な状況にあり、20~39 歳の各年代の死因の第1位は自 殺となっている。15~49 歳までの世代の死因の第 1 位と 2 位を自殺が占めている状況は国際的に見ても深刻である。

  1. 自殺者の約半数は「死ぬ場所を探す目的」で行方不明(家出)となる。
  2. 死亡確認された行方不明者は当日の24 時間およびその後7日間(計 8日間)に約7割が死亡しており、原因の多くが自殺と仮定すると家出から8日間の間に捜し出す必要がある。

行方不明者の傾向

以前の行方不明者・特異家出人の動機は借金苦、生活苦、結婚問題、夫婦間の問題、不倫問題などが原因と考えられるケースが多かったが、長期に渡る不景気による失業・就職難などの理由が増えている。
また、30 代から 40 代の男性に無目的な失踪が増えている。これは相談できる友人や知人が少なく、独身者であり、特に悲観が強い者やうつ病を患っている者が「死ぬ場所を探す目的」で家出を行い、自傷、自殺に至るケースがある。

行方調査の料金

調査項目
基本料金
所在確認調査
8万円~
行方不明、失踪調査
0万円~+成功報酬(調査完料金)

※ただし、依頼内容、時間により、調査料金は変動致します。詳しくは、ご相談下さい。

行方調査について、さらに詳しく説明しています。

岡崎・豊橋・半田の事務所

総合探偵社ガルエージェンシー愛知西三河

探偵業届出番号 愛知県公安委員会第54070045号

〒444-087
愛知県岡崎市竜美西2-1-3平成ビル4階
TEL. 0564-72-2055
FAX. 0564-72-2066(本社受付)

岡崎事務所へのアクセス

※岡崎警察署の前です。

総合探偵社ガルエージェンシー愛知東三河

探偵業届出番号 愛知県公安委員会第54090076号

〒440-0076
愛知県豊橋市大橋通1丁目 My Life大橋通 3D
TEL. 0532-57-3220
FAX. 0564-72-2066(本社受付)

豊橋事務所へのアクセス

※豊橋駅の前です。

総合探偵社ガルエージェンシー知多半田

探偵業届出番号 愛知県公安委員会第54130022号

〒475-0902
愛知県半田市宮路町272番地 柊ビル1F西
TEL. 0569-26-5077
FAX. 0564-72-2066(本社受付)

半田事務所へのアクセス

※半田警察署の前の前です。

このページの先頭へ